2012年09月09日

追いつめられる愛煙家――愛すべき禁煙ファシストたちへ――

 数年前、従兄弟の家の庭でたばこを吸っていたら、そこの子ども達に「たばこを1本吸うと、寿命が5分半縮むんだよ〜」とはやし立てられた。私は「早死に結構!」と言ってやつらを追っ払った。それからふと先日そのことを思い出して、実際に縮んだ寿命を計算してみました。20年間の喫煙歴、本数は35歳あたりまでが1日1箱、それ以降1日2箱吸ったとすると縮んだ寿命は大体2年と23日程度になりました……20年喫煙を続けてたったの2年。寿命だけで考えると全くやめる気がおきません。そしてたばこを吸い始めた瞬間から体力がガクンと落ちたと自覚していること、私が今までたばこに費やしたお金は316万円、とかなりのリスクとデメリットを背負っていますが、それは覚悟の上です。
 「たばこを吸うと医療費がかさんで健保制度が圧迫される」という人がいますが、彼らは喫煙者が莫大な税金を国庫に納めていることをわかっていないし、わかろうともしない。かつ喫煙が原因でノンスモーカーより健保に負担をかけている喫煙者がどれだけいるかもわかっていない。私は喫煙が原因で病院にかかったことなど一度もありません。肺ガンだろうが、胃ガンだろうが人間死ぬときは死ぬ。喫煙者が呼吸器系に異常をもったときは手遅れのことが多いはずで、ノンスモーカーの方が医療費が安く済む、というのは必ずしも正しいとは言えません。ノンスモーカーだって何かの病気で死ぬんですから、結局、最後は喫煙者と同じように健保に負担をかけているのです。
 そしてノンスモーカーの方にわかっていただきたいのが、たばこにでも頼らないと生きるつらさに耐えられない人間がいるということです。ノンスモーカーは喫煙者はみな遊び半分にたばこを吸っていると思いがちですが、それはあまりに皮相的な見方であり、心を病んで可能なら覚せい剤にでも手を出したいほど苦しんでいる人間は世の中ごまんといます。アル中だってそうでしょう。この社会はノンスモーカーの人たちのように強い人間ばかりで構成されているわけではないのです。たばこや酒のように逃げ場を必要とする人間が大勢いるのです。お金や健康という観点からしか喫煙を見ることのできない人たちに、私はこの問いを是非投げかけたいです。「たばこをやめたら、あなたは私を救ってくれるのですか?」
 ただ喫煙者にとって脅威なのは、肺ガンが極めて死に際のつらい病気だということです。私はこのリスクも承知の上でやむを得ず喫煙しているのですが、やはりもがき苦しみながら死ぬよりも、ポックリと死にたい。私は小中高とすべて公立の学校に通いましたが、どこにも授業中に「楽な死に方」を模索して脱線した話をはじめるネガティヴな教師がいました。そして話に結論を出すことができないまま教室を後にしていました。当たり前です。「いまわの際はどうだった?」と死者にインタビューすることはできませんから。「もう何年も人生のロスタイムを歩んでいる」という感が拭えない私も、気がつくとしきりと楽な死に方を模索しています。結論としてコカインや覚せい剤を多量に服用した後、拳銃の銃口を口にくわえて引き金を引くのが一番楽だと思っています。しかしこんなことは中南米にでもいかないとできないでしょうが。メキシコやコロンビアは条件がすべてそろっていそうです。
 ところで日本の文豪にはなぜか自決した人が多い。芥川龍之介、太宰治、川端康成、三島由紀夫……等々。特に三島は自ら人生の脚本を書いて、死までその脚本通りに実行したと言われています。長いロスタイムに終止符を打つため、私もいくつか頭に描いてみました。己が死への憧憬をかろうじて押しとどめているのは、親に申し訳ないという、私に残された最後の人間性だけです。親が死ぬまではこの砦をなんとか死守しないといけない。そのためにはやはりたばこは必要ですね。私は弱い人間ですから。
posted by つばさ at 23:42| Comment(5) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拝読されていただきました。。。

最近喫煙に対する社会の目が厳しいですね・・
まあ体に悪いこともたしかなんですがマナーを守ってる人ぐらいは許して欲しいです。

体に悪いものが全部ダメだったら音楽もダメ酒もダメ映画もダメカラオケもダメ全部ダメな気がします。
Posted by 青田ガリィ at 2013年07月14日 22:13
青田ガリィさん、ありがとうございます。

特にマナーの悪い喫煙者は目立ってしまうので、マナーの悪い非喫煙者に比べて不利ですよね。「たばこ」というツールを持っていますので。

たばこの値段もどんどん上がっていますが、懲罰的な意味で値上げをしたのは2008年の鳩山政権からだそうです(しかし私は民主党より自民党の方が嫌い)。

「喫煙者は早死にのリスクを承知で、自己責任をもって吸っている」・・・と喫煙者が主張しても、今の社会でこの主張が理解される可能性はないでしょう。

だから私はガンコなヘビースモーカーですが、社会の圧力に耐え切れず、禁煙外来に行こうかと弱気になることもあります(苦笑)。
Posted by つばさ at 2013年07月14日 23:05
はじめまして。
私も愛煙家の一人です。

うちの家系はじーちゃんみな愛煙家でしたが
かなりの長寿でした。


私がOL時代の時は、みな灰皿をうばいあっていました。(苦笑)

今も、若い人でも喫煙人口は多いです。

お酒は責められないのに、何で???って
思うのは
おかしいのでしょうか。

マナーは守っていますが

あんまり「うるさい人」がいたら
頭にきます。



Posted by 似顔絵あいりん at 2013年07月22日 21:55
似顔絵あいりんさん、ありがとうございます。

もはや禁煙ファシズムは社会の大きな潮流になっていますね(しかも舶来もの)。確かにノンスモカーカーから見ればたばこは何のメリットもありませんし、私たちはしょせん「だらしがない、マナーを守れない人間」なのでしょう。

たばこを禁止にすると、国庫に毎年2兆円もの穴があきますが、その点は都合よく無視されてますね。
私は「1箱1000円になっても吸ってやる!」所存でございます。
Posted by つばさ at 2013年07月22日 23:34
同感です^^!!
Posted by 似顔絵あいりん at 2013年07月23日 22:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。