カテゴリ別コンテンツ一覧

海外文学
日本文学
夏目漱石
政治・経済・社会・文化
自然科学
映画・洋楽
随筆
日記
Windows

2014年03月19日

Windowsのトラブル・エラーメッセージは海外のサイトで解決!

 Windowsユーザーで一度もエラーメッセージに遭遇したことのない人はほとんどいないでしょう。私も先日下記のエラーに遭遇し、悩まされました(私が使用しているのはWindows 7 Professional)。
「ワイヤレス構成:Notification dll が登録されていません。プログラムは正常に動作しません」

 このエラーメッセージが出て何か不具合が発生したかというと、そうではないのですが、起動するたびにこれが出てくると気持ち悪いです。
 したがってエラーメッセージをメモ帳に書き写し、そのまま検索エンジンに貼り付けて解決策を探しました。クリーンブートをするシステム・ファイル・チェッカー・ツール(SFC.exe)を実行する・・・などなど。しかし一向に問題は解決しません。
 システムの復元を行っても、しばらくするとまた上記のエラーメッセージが顔を現します。

 困り果てた私は、「Notification dll」だけ検索エンジンに入力し、辞書を片手に海外のサイトも徘徊しはじめました。
 そうしてめぐり会えたのがこのサイト(Microsoft.TechNet)です。

noti_dll3.JPG


 このnana1956さんの指示どおりコマンドプロンプトを管理者として実行し、コマンドを入力しました(図2、図3参照)。

noti_dll加工.jpg

noti_dll2加工.jpg


 すると一発解決です。nana1956さんの次に返信している人が書いているように「Perfect・・・」だったのです。二度と上記のエラーメッセージに遭遇することはなくなりました。

 今回の記事で私がお伝えしたかったことは、このエラーメッセージの解決方法ではなく、Windows、コンピューターのトラブルは海外(英語)のサイトの方が信頼性が高く、正確であるということです。
 残念ながら日本語のサイトにはnana1956さんの示した解決策を提示できているところは一つもありませんでした。それどころかYahoo!知恵袋には「Notification.dllはウィルスだ」で終わらせている回答者がいる始末です(厳密にはNotification.dllはウィルスと関係があるようなのですが、こんなことを言われてもエラーメッセージは消えません)。
 日本語と英語のサイトでこのような正確性の違いが現れるのは、ひとえにコンピューターが英語を機軸に動いているからです。英語ユーザーの方が有利なだけであり、日本人がバカだというわけではありません。

 英語のサイトを閲覧するには当然英語が読めなければならないわけで、それに抵抗を感じる方は多いと思いますが、今のブラウザには自動翻訳機能がついています(もちろん正確ではなく、おかしな日本語が続出します)。また私のようにお粗末な英語力の人間でも辞書を片手にウンウンうなりながら、なんとか解決策にたどり着ける場合もあります。
 日本語のサイトでトラブルを解決できることに越したことはありませんが、もし八方塞になったら海外のサイトが有効だということを知っておくと、リカバリせざるを得ないなどの悲劇を避けられる可能性が高くなりますよ
【関連する記事】
posted by つばさ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コンピューター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事一覧
ヤフオクの「Windows 7が1,000円」は安いのか?(続編)(7月21日)
『頭を冷やすための靖国論』――今一度あの戦争を振り返る(5月21日)
Windows LoaerとKMSpicoについて(5月9日)
Windowsのトラブル・エラーメッセージは海外のサイトで解決!(3月19日)
ヤフオクの「Windows 7が1,000円」は安いのか?(14年3月17日)
夏目漱石『三四郎』――読書感想文例(8月6日)
映画『レ・ミゼラブル』――原作との比較
タイムマシン・タイムトラベルの可能性について(7月21日)
夏目漱石『こころ』――読書感想文例(7月13日)
洋楽名曲セレクション18曲(80年代中心)(7月6日)
映画『フットルース』とサウンドトラック(6月30日)
映画『フラッシュダンス』と80年代音楽シーン(6月28日)
『「相対性理論」を楽しむ本』佐藤勝彦監修 PHP文庫(6月22日)
『暗夜行路』志賀直哉(読書感想文例付き)(6月12日)
世界大恐慌下のアメリカ(6月4日)
『幼年期の終わり』アーサー・C・クラーク(5月28日)
両親が天皇陛下に拝謁しました(5月21日)
夏目漱石『行人』――読書感想文例
『グレート・ギャッツビー(華麗なるギャッツビー)』スコット・フィッツジェラルド(5月7日)
『じぶん・この不思議な存在』鷲田清一著 講談社現代新書
ピーク・オイル――石油が枯渇するとき――(4月23日)
元警察官の父親が叙勲――警察官は大変です――(4月14日)
『平和主義とは何か』 松元雅和著 中公新書(4月9日)
クローン人間(4月2日)
『黒人はなぜ足が速いのか』若原正己著 新潮選書(3月26日)
『国家の品格』藤原正彦著 新潮新書(3月18日)
『韓国のホンネ』安田浩一・朴順梨著 竹書房新書(3月10日)
『ネット右翼の矛盾』――憂国が招く「亡国」――(宝島社新書)(13年3月1日)
『東西ミステリーベスト100』――ミステリーマニアのぼやき――(13年2月21日)
『あの戦争は何だったのか』(保坂正康著)――戦争について考える――(13年2月13日)
『月と六ペンス』サマセット・モーム(13年2月7日)
プロレタリア文化大革命を振り返る(13年1月31日)
『習近平と中国の終焉』富坂聰著 角川SSC新書(13年1月23日)
『悪徳の栄え』マルキ・ド・サド(13年1月15日)
天皇家について調べてみた(13年1月5日)
3進法の魅力と有用性(12月29日)
学生運動――日本が革命を夢見た時代――(12月23日)
『人間の証明』森村誠一(12月15日)
『わたしを離さないで』カズオ・イシグロ(12月7日)
『高慢と偏見』ジェーン・オースティン(12月3日)
男やもめが結婚・離婚について考えてみた(11月21日)
薬物について(補遺)(11月14日)
向精神薬、麻薬などのお話(11月12日)
『鴨川ホルモー』『十角館の殺人』『半落ち』『2001年宇宙の旅』(11月9日)
エス(Es)の脅威(11月3日)
美容整形は必要悪か(10月30日)
映画『愛の嵐』とエロティシズム(10月23日)
最近の小説の書評です(10月18日)
頭がいいとはどういうことか 【其の二】(10月10日)
頭がいいとはどういうことか 【其の一】(10月9日)
夏目漱石――二つの三部作――(9月29日)
『冷たい校舎の時は止まる』辻村深月 (9月27日)
光クラブ事件――山崎晃嗣という男の生き様――(9月19日)
毛根は死なない(9月14日)
追いつめられる愛煙家――愛すべき禁煙ファシストたちへ――(9月9日)
私が影響を受けた名作たち【エンターテイメント】(9月2日)
私が影響を受けた名作たち【古典】(8月19日)
子どもの退廃は大人の堕落の産物(8月14日)
オリンピック、中国女子選手を見て思うこと(8月10日)
TUTAYAで見もしないDVDをまた借りた(8月5日)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。